各停日和

何かについて書くことは、それと向き合うこと。

LAMY PICOはボールペン界の小さな巨人になり得る

今までゲルインクのボールペンが至高だと思っていた。

 

なかでもuni-ball Signo 0.38が一番好きだった。

 

 

SARASA、Hi-TECなどと覇権争いが続くゲルインク界では右に出るものはないトップクラスの書き味だと思う。

今も書き味は大好きだけど、軸の細さが気になっていた。

万年筆ユーザーなのに、ペンを持つと強く握ってしまう。ペンで書くときは強く握らないと「自分の字」を書けなくなるから。

 

そこで学生の頃から長く続いたゲルインク生活に終止符を打ち、油性ボールペン生活に足を踏み入れたというわけだ。

僕がペンを選ぶときは紙との相性も気にする。

仕事で使うコピー用紙、MDペーパー、ロディア、GRAPHILO、etc...

 

まずはジェットストリームから始めた。

0.38の細さで。これはMDペーパーとの相性が一番いいと感じた。

ただ、ペン先の細さは疲れにつながる。

ジェットストリームの0.5,0.7,1.0と太さを上げると滑りすぎる。

 

そこで、LAMY PICOの登場。

f:id:junks-g:20170622001719j:image

 

LAMY ラミー ボールペン 油性 ピコ クローム L289 正規輸入品

LAMY ラミー ボールペン 油性 ピコ クローム L289 正規輸入品

 

 

 長さはタバコ1本分くらい。ノックをすれば、その長さはおよそ2倍になる。

この軸の太さが僕の手にぴったり。

芯はLAMY PICO用の純正品で、F(細字)を入れている。

滑りすぎず、カリカリしすぎず絶妙な書き味だ。

 

このペンをポケットに入れ、ロディア(ホワイト)にタスクやアイデアをガシガシと書きなぐっている。

 

「公開できるような字を書けるペンしか使ってはいけない」

と、自分に謎の制約をかけていた。恥ずかしい。何のために字を書くのか、誰のために字を書くのか。よく考えてみたら簡単なことなのに。

自分のために字を書くのなら、自分にとって楽で快適なペンが一番いいに違いない。