各停日和

何かについて書くことは、それと向き合うこと。

各持ち物のナンバーワンを決める

人は一生に2億5000万円くらいのお金を遣うらしい。

これはもちろん子どもの教育費や老後資金のように,サービスに対するお金を含んでいる。中3のとき,公民の授業で

消費には財[モノ:有形財]とサービス[無形財]がある

と学んだ。遣うお金のうち,7割はサービスに対するとのこと。

 

このまま定年退職まで転職せずに今の職場に勤めるとする。

たぶんごくごく平均的か,それよりも少し安めの生涯賃金を稼ぐことになると思う。

となると,一生のうちに遣えるお金はもうすでに決まっているのかもしれない。

「これがほしいから」という理由で何でもかんでも買うわけにもいかない。

ということにここ2年ほどで気づき,今年になってから再認識した。

 

世の多くのパイオニアたちと同様に,持ち物が多いことのストレスから脱却するため,まずは捨てるところからはじまった。

しかし,捨てることで何回もつまずき,「リバウンド」を経験することが多かった。

そこで目についたものから捨てることをやめて,

自分の持ち物のナンバーワンを決める

という作業を始めた。

たとえば,

◯水性ボールペン…Signo 0.38(ノック式) 

◯メラミンスポンジ…激落ちくん

 

レック 激落ち ダブルキング ( メラミンスポンジ )

レック 激落ち ダブルキング ( メラミンスポンジ )

 

 

のような。

ナンバーワン→オンリーワン(逆は違う)なので見極めが大事だと思う。

 

はやくこの作業を終えて楽になりたい。